×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


まとめ・その119


コンチェ「えーと、私のムービーの男の子がキャラとして使えるようになりまして」
DD2「マウリツィオ君、発見次第即時購入余裕でした」
コンチェ「それはまぁいいけどね、それよりあなた達はキャラやマスコットになりそうな要素ある?」
DD2「FTつ……ゲフンゲフン、えーと兄さんのムービーの顔とか、DD5とかですかね」
コンチェ「コアなファンが付きそうなところだね」
DD2「ちなみに石集めの景品の音乃嬢がここにあります」

<まるで本物のギタリストみたいですね!
<まるで本物のドラマーみたいですね!
<まるで本物のポッパーみたいですね!

DD2「延々とこれしか喋りませんが」
コンチェ「琵琶湖を背景に戦うよりは良いんじゃない?」
DD2「そしてこれが少し前から売り出されている判定バッヂ(豪華)です」
コンチェ「カッコいいし、バッヂ(ロック)みたいに見にくくならないしで人気の商品です」
DD2「コンチェ様、ちょっとこれ服に着けてもらえます?」
コンチェ「え?もしかして服装が豪華になるとか?」
DD2「ビンゴです!あぁっ麗しやコンチェ様ああああああぁぁぁぁぁぁ」
コンチェ「朝からすけべですねえ(赤OP豪華に発動)」
DD2「う〜んこの展開久し振rぶべらっ」
ピチュン

お電話番号は2288-4646-573
ギタドラTVショッピング

ボビス「……今の、番組としてちゃんと成り立ってたと思う?」
落書き帳「微妙なところだね」


DD5「いつの間にか応援キャラになってたんだが」
DD3「姉さん予想的中だな」
デイドリ「ただ、そのDD2がなぁ」

DD2「マウリツィオ君の後ろで応援…いいなぁ…」

デイドリ「延々とこれしか喋らん」
DD5「おーい姉貴、大丈夫かー?」
DD2「大丈夫だから、応援キャラ代わって?」
DD5「断る」
DD2「…マウリツィオ君の(ry」
DD3「ダメだこりゃ」


百秒「でもどこかで聞いたことあるのよねー、マウリツィオ」
落書き帳「…マ○リ○○オ」
コンチェ「何 か 言 っ た ?」
DD2「つまりコンチェ様が跳んだり踏んだりコスプレしたりするんですね!」
DO ME(H.I.G.E.O.MIX)「素晴らしい!その時はぜひこのヒゲを」
コンチェ「朝からしぶといですねえ」(赤DM発動)
2曲「またこのオチですk」(ピチュン)

イスト「今明らかに違う曲が…」
Wall「付けヒゲ持ってDDR国、それも4th地区からはるばるやってきて、一言即ピチュン」
ボビス「執念だな…」
タイピ「ところで、もの凄く凹んでいる曲がいるですが」
マリオ「先越された…orz」
ゆら「ピチュンされなかっただけ、ラッキーと思ってください。さ、ポプ国まで送りますよ」


天体観測「たまゆらさんって実は…」
Homesick「…うっかり屋さんですか?」
凛と(ry「マリオさんは16番街に引っ越す時に削除国送りになっちゃったのよ」
アクエリ「私達とは入れ替わりですね」
JET WORLD「しかも大人の事情でCS界収録も無し」
大見解「なんだか触れないに似た経r…」モゴモゴ
林檎と蜂蜜「不適切な発言をお詫びします」
繚乱「大人の事情とはハードの都合だからな、誤解の無きよう」
チカラ「繚乱くん、誰に向けて言ってるの?」
CASSANDRA「…可哀想だな、マリオも」
そばかす「ホントよねー」
ヒツゼンでしょ!「こらそこ!平然と紛れ込まない!!」
こたみか「お前モナー」


インプラ「俺復活ktkr」
フリフリ「おめでとう、・・・でも」
インプラ「?」
フリフリ「貴方がここの国出身ってわかる人はあんまりいないんじゃないかしら」
インプラ「まぁ・・・移植されて有名になったし、それは仕方ないと思う;」


ゲリオ「よぉ同士」
マッブラ「シュッシュオーイ!!」


EXTRAとアンコールの会話 4th&3rd

DD「ええい、あのプレイヤーはバケモノか!?」
クラパ2「どうしたんですか?」
カニバ「大騒ぎしてみっともない」
DD「ついに正攻法でオレをフルコンしちゃうやつが出ちゃったんだよ!?」
クラパ2「ええっ!?」
カニバ「それは確かに凄いわね」
DD「…そのプレイヤーは達成感にひたってたなぁ…」
クラパ2「なるほど…」
カニバ「よっぽど嬉しかったんでしょうね」
DD「だな」

まさか正攻法で繋げる人が出てくるとは…


???「安心しろ…貴様の後釜は私が担ってやる。
副題の通りの∞の力にかけてな」
ヴァネ「はいはい、バレ禁止ですよ。お帰りください
(12×12=144連打発動)」
???「ピギャ────!!!」
パワゲ「え、今のは?」
ヴァネ「今回のプレアンの方ですよ。
とりあえずお帰り願いました」
デュナ「ほう、いつの間にそんなヤツが来てたんだ?
俺は早々とエキストラ部屋から外されたから知らなかったぜ」
ヴァネ「ええ、ホントに最近のことですから。
でもあの通りの性格なので、その日までまだ神から譜面は持たせて貰えてないようですが」
天狗「あ、あの…ちょっと待ってください。
じゃあ今ヴァネッサさん身を守ることもできない人に禁断の144連打を?」

ヴァネ「…………あっ」

デュナ「早く戻ってやれ、死ぬぞ下手したら」


戻る。