×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


まとめ:その28


memories「念願のアルバム収録枠を手にいれたぞ!!(リミックスだけど)」
going up「そう( ゚д゚ )彡 関係ないね」
Forever free「ゆずってくれ、たのむ!!」
memories「(こ、このパターンは…)
おまえら、しっぽには『オレは旅に出た』と伝えてくれ…頼んだぞ!!!」

memories「ふぅ、ここまでくれば大丈夫だろう。ん、誰だオレの肩を叩くのは…」
しっぽのロック「おにーちゃん!!」
memories「(げっ、なんでこんな所に…)ど、どうしたんだい?しっぽ…」
しっぽのロック「わたし、お兄ちゃんにどうしても言いたい事があって…」
memories「な、何だい?」(←全身が恐怖によって震えている)
しっぽのロック「そんなの決まってるじゃない!!」

しっぽのロック「逃がさん……お前だけは……」

memories「ぎぃやああああ!!!」

プレイヤー「あれ?
 memoriesが『現在命がけで逃亡中なので、選曲不可』ってなってるんだけど…」


アクロス「(´・ω・`)最近俺の出番少ないなー、飽きたのかな」
正論「そんな事無いと思うけど、天体観測くんとかvenusさんとか、カルマさんとか居るからそっちに流れちゃったのかな。
私は前より少し減った様な気がする」
アクロス「時代が変わったんだな。
FT2ちゃんをplayしているプレイヤーをよく見かけるし、どんどん新しい曲に出番取られるんだろうな…」
コクピ「何言ってんだよ兄貴!!
らしくないぜ、何があろうとプレイヤーの相手を全力でしろって言ってたのは兄貴じゃねえか!!!
その兄貴が弱音吐くなんて…見損なったぜ!!」
ミラージュ「そうだよ兄貴!
俺達エロ一族の中、唯一の硬派である兄貴に後ろ向きな発言なんて、俺は…俺は認めねえ!!!」
正論「良い兄弟を持ったわね、アクロス。
ほら、貴方達呼ばれてるわよ!
頑張ってきなさい!!」
3曲「「「 お う ! 」」」



天体観測「…少し休憩させて…orz」
プレイヤー「やだ」
天体観測「…orz」


Desert Rose「V4までヒマだー!!」
Ring「そうだね。おまけに最近天気も悪いし、ヒマだしで、ひきこもりがちになっちゃうね…」
Say「そんなお2人に、ひきこもるにうってつけの場所がありますよ」

つギタドタワー6F

Desert Rose「さ〜て、外に出ようかRing君!!」
Ring「うん、今日は珍しく晴れてることだしね!!」
Say「あれ?お2人とも外に出ちゃいましたね〜(チッ、逃げやがった…)」

Atalante「ある意味スキル800より解禁が難しい場所を勧めるなんて… 姉さん、鬼だ……」

《タワー10F》
Flow「誰か来てぇ〜・゜・(ノД`)・゜・」
DAY DREAM「この何とも言えない感覚………あの時代を思い出すな……」
しりとり「ねぇ、どうせ暫く暇なんだし、何かして遊ばない?」
DAY DREAM「しりとり以外な」
しりとり「え〜?何で〜?」
Flow「今まで何回やったと思ってるのよ………ううっ、Infinite兄さん……(;ω;)」

《タワー外》
Infinite「くしゅっ………この所くしゃみが多いな………」
魔笛「タワー辺りに私のものでない妖気が渦巻いているな……」
Infinite「お前はどこかの霊能教師か。大よそ他の二組がお前の事を嫉妬している妖気なんじゃないか?」
魔笛「………そこまで言って、何故気付かないのか………」
Infinite「?」

《Vの思い出》


―ある一家の日曜日

9:30
WE ARE「海賊王にオレはなる!!!」
残り4曲「うるさい!!!」

これで全員が起きることになる。

10:00 いいともを見る。
13:00 昼食を済ませる。
ZENITH「あれ? お姉ちゃん出かけるの?」
brave!「あ、Aithon君とその友達の所に…」
ZENITH「ふぅん。いってらっしゃい」
GLIDE「ねーZENITH、brave姉さんは?」
ZENITH「芋仲間のAithonさんの所に行くって。
やっぱり同期の曲って大事なんだね」
WE ARE(あの女、給料が入ったと思ったら、また競馬か!!)

16:00
ESCAPE TO THE SKY「みんな空へと逃げたがってる…
 メインレースを外したのね……ほら、わが家にも…」
brave!「いや〜。見事に外れちまったぜ。
ところでWE ARE、相談なんだけどさ…」
WE ARE「お金なら絶対貸さないわよ(どうせ貸してもギャンブルに使うんでしょ?)」
brave!「そこをなんとか!!!」

この後brave!は30分かけて必死に交渉するも、断られたのは言うまでもない。

17:30〜19:00 笑点を見た後、ちびまる子ちゃん→
サザエさんを見ながら夕食。

23:30 就寝準備
ESCAPE TO THE SKY「みんな空へと逃げたがってる…
明日からの学校、会社がイヤなのね」
GLIDE「お姉ちゃん、電気消すよ?おやすみなさーい」

―こうして、アパート「羽が擦り切れて折れる日まで羽ばたき、荘( ゚д゚ )彡」の中で繰り広げられた日曜日は終わろうとしていた。


ホワトル「ちょっと通りますよ」
ホムシ「きゃああああー!!」



ホムシ「…ここは何処かしら?」
ホムシ「…とにかく、早くおうちに帰りたいわ」



繚乱「俺は脳みそが欲しいんだ」
TIGER「僕は勇気が欲しいんだ」
DD5「俺は心臓が欲しいんだ」
ホムシ「まあ、そうなの」
繚乱「でもそれにはこの先にいる魔女Concertino in Blueを倒さなくてはいけないんだ」
TIGER「君が家に帰る手掛かりが見つかるかも」
ホムシ「それじゃあみんなで一緒に行きましょう」


戻る。