×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


まとめ:その38


アノヒノカゼ「|-ω-)気候もすっかり秋に様変わりしたね」
空言「………」
A SHOOTING STAR「アノヒ、何で僕が同伴?」
アノヒノカゼ「|-ω-)だって僕と彼女、接点無いし、彼女のことを知ってる兄さんがいた方が、彼女も安心するかな、と思って」
シュート「まぁ確かにな。memoriesや純勉夏、S.F.M.よりは適役だろうが」
アノヒノカゼ「|=ω=)比べる対象が何かおかしくないかい?」
空言「………(溜息)」
アノヒノカゼ「|・ω・)………君が行きたかったのはここかい?」
空言「……………(こくん)」
シュート「これは――何つーか懐かしい場所だな」
アノヒノカゼ「|・ω・)僕は初めてだけどね。今は無きee-mall国跡、か」
空言「(くいくい)」
アノヒノカゼ「|・ω・`)ん?」
空言「…………」
アノヒノカゼ「|・ω・`)一緒に来て欲しいのかい」
空言「(こくん)」
アノヒノカゼ「|=ω=)………」

シュート「行ってやりなよアノヒ。そいつの腕引いて、頭に角つけて」
アノヒノカゼ「|-ω-`)……それ何てICO?」


BEMANI杯開催―

murmuru twins「よろしくお願いしまーす」
太陽「・A・よろしくー」
BRE∀K DOWN!「よろしくね。いろいろな機種の曲がいるのって壮観だね」
しりとり「まったくですね」

<ちょっと待ったー!
<ドタドタドタドタ…

大見解「一言物申すでござる!」
百秒「なんで弐寺以外のほぼ全ての機種を渡り歩いた私や大見解や」
JET WORLD「俺が選ばれないんだー!?」
ブレイク「いや、JETさんは古いし…」
JET「ほでゅわー!!」
ブレイク「大見解さんはドラム糞譜面だし…」
大「き、気にしているのに…orz」
ブレイク「百秒さんはもはや難しすぎでグランプリに合わないですし…」
百秒「うぐぅ」
三曲「お、覚えてろー!」

太陽「;・A・ブレイクさん…容赦ないです」


落書き帳「もう〜、DD7ったら〜(バコッ!?」
DD7「ははは、痛いよ君の大パンチ・・・///」
メッセ「ほんわかした空気です、仲がいいっていいです〜、あっいいこと思い付いたのです!?」

メッセ「(ぬっ)お兄さん達仲がいいです、いいことです」
DD7「おわっ!?」
落書き「きゃあああ!?」
メッセ「驚かせてゴメンなのです、お兄さん達が仲良しなので(略)・・・ということです」
DD7「は、はぁ・・・」
落書き「それで私達になにか用があるのかな?」
メッセ「そうなのです、ボク実はお兄さん達に渡したい物があったのです」
落書き「なるほど」
DD7「だから配達鞄みたいなのを・・・」
メッセ「はいです、チケットなのです」
DD7「これは?」
落書き「これって有名な遊園地のチケットじゃない!?、これはどうやって・・・」
メッセ「内緒なのです」
落書き「そう・・・」
DD7「有り難くもらっとくよ」
メッセ「嬉しいです、ありがとうです」
落書き「こちらこそ」
メッセ「それではです、遊園地を楽しんで下さいです」
DD7「そうするよ」

落書き「で、これからどうしましょうか?」
DD7「折角チケット貰ったんだし、行ってみようか」
落書き「それもそうね」

ヘリング「くそぅ、いちゃつきやがって(ギリギリ)」
サダメ「こうなったら」
ミラージュ「デートの邪魔してやる!?」

メッセ「|・ω・)そ 大変です、なんとかしないとです」


5-10「公式で曲紹介キター!!!」
恋は臆病「ふーん。 意外と普通の読み方ね」
遠雷「ちょっと期待外れ…」
5-10「そんな事言うなよ。 でも、世間に読み方を知らせることができて、よかったぜ!!
これからはオレの事を『five-ten』って読んでくれよな!!!」
臆病「でもさ…」
5-10「あ?」
臆病「この読み方で略すと…」

FT2「そのとおり!!」
ミラクル「私達と同じFTになるのに、かわいらしさが足りないわ!!!」
5-10「どこから出て来たんですか… あと、別に足りなくていいですし」
FT2「こうなったら少しでもかわいくなるように、私達がメイクしてあげましょ!!」
ミラクル「ヒマだし」
5-10「あんたらCSV3の準備はいいのかよ!!そして2人がかりで連行すんな!! 離してくれー!!!」

遠雷「連れていかれちゃったね」
臆病「どんな風になるのかwktk」
遠雷「少しは心配してあげようよ…」

―数時間後
そこには、顔はメイクされ、かわいいドレスを身にまとった5-10の姿が!!

遠雷&臆病「これはひどい」
5-10「まぁ、その… これはミラクルバージョンと思って割り切ってくれ…」


FSw「な、な、な………。
何  な  の  よ  こ  れ  は  ぁ  っ  !!!!!!!!!!」

Too late Two「………だからあの酒を飲むなっつったのに………」
差無来!「あの酒は、BPM=身長薬を美味しく飲むにはどうするか、と考えて作り出したBPM=身長酒でござるよ」
Tail Spin「そんな物騒な代物作るなYo!」
大見解「全くだ。しかし………FSwも、まさかHS20.0装備のまま一升瓶開けて寝るとはな。寝た場所が公園のベンチだから良かったものの、家だったら全壊してるぞ?」
FtB「400×20=………8000!?今身長80mって事ですか!?」
エンクル「高すぎでしょ……常識的に考えて」

FSw「んな事はいいから早くもぉ  どぉ     せぇぇぇぇぇぇぇっ!」


エンクル「…っておいちょっと待て姉貴。
こないだも似たような薬飲んで痛い目に遭ってなかったか?」
FsW「ん、あ、ああ…そうだったかも」
too「ちなみに>>77のことだぞ?しかも今回は20速付きとかどんだけ?」
FsW「う、ううう…」
エンクル「まあスピード狂の姉貴のことだからよっぽど20速がうれしかったんだろうけど、少し自重しようぜ?」
FsW「…はい。すいません…orz」


戻る。