×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


まとめ:その39


FtB「閃いたぁー!」
デッドマン「な、何さいきなり…」
FtB「何って、ほら、ライブの後に『次のイベントも何かやる』って言っただろ?」
カリスマ「ふむ…言っていたねぇ」
FtB「だからその内容が決まったんだよ」
デッドマン「それで、その内容って何?」
FtB「それはだな…」

レイニング「…なんでギタドラV4曲で劇?」
インサイド「しかも桃太郎とな!?全くもって意味がわかんねえ…」
FtB「そこはほれ、いろいろ音ゲーネタを取り込んだりしてだな。きびだんごの代わりにHS20.0とか」
ネメシス「…ミュージカル風…」
FtB「ん!それいいな。そうしようか…。要はイベントを楽しく出来ればいいんだ」
レイニング「ストパーはどうすんの?」
FtB「無論時間が合うなら参加してもらいたいところだな」
ネメシス「…賛成」
デッドマン「…ねえ、多分今ここにいるみんなが疑問に思ってると思うんだけど、聞いていい?」
FtB「ん?」
デッドマン「イベントって…なんかあるの?」

―Rock And Roll All Niteのドラムソロの間ほどお待ちください。

FtB「…あ゛」
全曲「「ぅおい!?」」
レイニング「…という訳で文化祭かなんかやりませーん?職人さーん。
かなり時期尚早とは思うんだけどねー」
デッドマン「誰に話してるのさ…」
レイニング「気のせい気のせい」


あこがれ「かめ王とかありましたし、浦島太郎の方がよろしくないですか?」
Leaving「だとしたらアンタは亀役だぞ?ノーツ少ないし」
あこがれ「あぅ〜」

コクピ「なあなあ、メイド喫茶とかどうだ?」
ベロシティ「キョニュウサボウデたまゆらサマノタテタオチャノミタイ…」
ミラージュ「やっぱFT2ちゃんとセッションでライブかな」
FT2「ミラージュ君とセッション、いいわね〜vvv」
jimmy曲一同(こいつ…(怒))

百秒「メイド喫茶とかコスプレ喫茶とかは男性曲層は寄り付きそうね」
蛹「じゃあさ、あさき家はお化け屋敷とか適任じゃない?
鬼姫イントロとか蛹イントロとか罪子イントロとか雰囲気あるよ〜」
この子(ほとんどじゃないか…)
コンチェ「ライブはやったばかりですから、あまりお勧め出来ないわね」
タイピ「こういうのは皆で話合っている間が一番盛り上がるです」

太陽「あの〜、私達は何をすればいいのでしょうか?」
クラパ3「新曲だったね、とりあえず文化祭に何をやりたいか、意見があったら述べるといいよ」
太陽「はい」


コクピ「文化祭と言えば」
ヘリング「ミスコンだろ常考」
ミラージュ「水着審査とかもやって」
ジグザグ「ポロリもあるよ?」
レボ「やだー、そんなこと考えてたなんてジグザグさんもやっぱりJimmy曲ってわけね」
極東「…男子サイテー…」
ジグザグ「(';ω;`)そんなぁ…」
ヘリング「あんな曲の言うことなんて気にするな我が弟よ(100secの姐御の水着姿…)」
ミラージュ「それでこそ僕の弟だよジグザグ君(FT2ちゃんの水着姿…)」
コクピ「誰が何と言おうが絶対やるぜミスコン!(タイピは勿論スク水でw)」
ジグザグ「兄さん達…(;ω;)」
Mr.Bobby「ほう、ミスターコンテスト…略してミスコンですか…良いですねぇ。ホッホッホ」
コクピ「ちょwwwwあんた削除されたはずだろwwwww」
ヘリング「しかも何で海パン一丁なんだよwwwww」
ボビー「だって水着審査もやるのでしょう?ほら、私の水着姿は何点ですか?ホッホッホ」
ミラージュ「イヤァァァ!来るな!来るなぁぁぁぁぁ!」
ピチュン

100sec「なるほど…良いわねミスコン…」
ゆら「あら、100secさんなら『何で大勢の前で水着姿にならなきゃいけないのよ!」とか言うと思ってたのですが」
100sec「この機会に誰が最強の女なのかを決めとくのも悪くないでしょ」
コンチェ「…お姉ちゃん…ミスコンをバトルロワイアルか何かと勘違いしてない?…」


アノヒ「|・ω・)――文化祭、か」
ハロユー「さすがに二イベント連続ゲームは不味いわね――ってお姉さん!?」
スマユー「あたしミスコン出ようかな〜☆」
ハロユー「気が早すぎ!まだやるか分かってないんだから!てか何でセーラー服改造してるのよ!」
スマユー「脳☆殺★効☆果♪もってけ♪」
ハロユー「Jimmy曲に襲われても知らないわよ………」
アノヒ「|-ω-)(寧ろJimmy曲の安全が心配かな……姉さんだし)」

ハロユー「話を戻すわ………〇〇の秋、の〇〇に入るものと言えば?それで考えない?」
アノヒ「|・ω・)食欲………はささきっさがやるだろうし」
スマユー「芸術?工作の時間はないわよ?」
First date「呼んだ?」
三曲「お帰り下さい」
ハロユー「読書の秋………みんなで文章でも書いてみる?」
スマユー「あ♪それいいかも♪」
アノヒ「|>ω<)案外面白そうだね」
ハロユー「でしょ?それで他の曲も呼んで、挿絵をつけるとか」
アノヒ「|・ω・)確かバレンタインが絵が巧かったよね?」
ハロユー「彼だけじゃないわよ。マーマー君とかSPIPさんとか」
アノヒ「|=ω=)(曲には失礼だけど、あれは落書きじゃないかなぁ………)」


ヒマワリ「文化祭ねー…」
BRE∀K 「モチロン参加するんでしょ?」
大和「夏のライブの時は他に比べて演出が足りなかったし、ちょっと悔い残っちゃったし〜」
begin「てゆーかまたライブするの?違った方向で行ってもいいような気がするけどなぁ…」
☆shining☆「ライブでも色んなカタチがあるもんねー
他のトコとコラボもありだし、いっそ声だけで惹かせるのもありだよねー」
BLACK「後者はいいけど、前者は否定してもいい?」
begin「何故に?」
BLACK「だって、私たちと合うようなトコある?」
一同「あ…」
BLACK「頑張ればRЁVOちゃんたちと出来るけどあとは難しいわよ〜?」
ストパー「あはは…それぞれのシリーズごとの曲たちとのコラボもありじゃないかな…」
シナリオ「ストパーは夏ライブでV4曲でやったじゃないの☆」
ストパー「でもあの後ブリーズ君に次も何かやるぞ!みたいな予告してたしなぁ…」
チカラ「その時は私たちとのコラボで全力投球〜BeForU MIX Ver〜でもやる?」
ストパー「あ…それいいかも☆今度ブリーズ君に伝えてみる☆」
ヒマワリ「その話も10月から組み立てね!ライブならコラボ提案や演出も早めに申請しないとね!」
ストパー「(ギクッ!)う、うんそうだね…」


キャプボヤ「……で、もう書き終った俺に、編集長をやってもらいたい、と」
アノヒ「|-ω-)そういうことだよ、兄さん」
YCDI「アノヒはどんだけ進んだんだ?お前書き始めんの早かったろ?」
アノヒ「|・ω・)今、クライマックス書いてるよ。
バレンタインもイラスト描き終わったらしいから、今日明日には上げられるかな」
キャプボヤ「そういうユーキャンはどうだ?」
YCDI「堅めのエッセイか?今プロットに肉付けしてるとこだぜ」
アノヒ「|=ω=)シュート兄さんも何やかんやでSF作品提出したしね。ゲトレ兄さんとダンフォ兄さんと共作で」
YCDI「何であいつらはあんな早いんだよ!」
アノヒ「|・ω・)簡単な話、色々と実体験十分だからじゃない?」
YCDI「………そりゃそうか。あとサムハーにドンハイ、雨上がりはもう出来上がったらしい」
アノヒ「|・ω・)サマサン叔父さんは?」
キャプボヤ「イラスト描いてもらってる」
アノヒ「|;・ω・)て それで大丈夫なのかい!?」
キャプボヤ「……小説書かせるよりはいいだろう。腕は確かだしな」
アノヒ「|;-ω-)あ〜確かに」
キャプボヤ「問題は……」
YCDI「スマユー率いる女性隊か。あいつらなぁ………」
アノヒ「|;-ω-)………兄さん、あの曲達何回リテイクする事になると思う?」
キャプボヤ「考えたくもない…………」


戻る。