×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


まとめ・その63

バレンタイン


DD4「いよいよバレンタインデーが近づいてきたわね」
DD6「今年もブラホラさんにあげるの?」
DD4「あ、あんなヤツにはチ○ルチョコで充分よ!」
DD6「はいはい、その後ろのチョコレートケーキはスルーしときますよっと…DD8は誰かにあげたりするのか?」
DD8「僕はエクストラのみんなと一網打尽にあげるのだ!6姉ちゃんは…あ…ゴメンナサイなのだ…」
DD6「謝られると逆に悲しいよDD8…まぁ確かにあげる相手なんていないけどさ…ところで」
DD4「ん?」
DD6「4姉ちゃんはわかっててアレをスルーしてるんだよね?」
DD2「今年のチョコはどうしましょう…」
DD4「まぁ…ね」
DD2「去年は等身大チョコで若干ヒき気味でしたから…」
DD6「ここで『若干ってレベルじゃねーぞw』ってつっこんだら負けだよね?」
DD2「ここはもうストレートに媚薬入りか睡眠薬入りでも…」
DD8「ぼ、僕何も聞こえなかったのだ!」
DD4「その調子よDD8!ナイススルーだわ!」
DD2「ですがやはりインパクトが…ハッ!(゜Д゜)DD7!それは何です!?」
DD7「え?ゲームですけど…」
DD2「違います!そのアイテムです!」
DD7「ああ、これは…」
DD2「んっふっふ…見ててくださいコンチェ様…これで貴方のハートをDQNしてみせます!」
DD5「いや、去年の前科もあるしコンチェは危険を察知して弐寺国に逃亡するんじゃ…」
DD2「ああん!コンチェ様ぁ…いきなり積極的すぎますぅ…」
DD3「聞いちゃいねぇな…(三毛猫から貰いたいなぁチョコ…)」
デイドリ「これで本当にコンチェが弐寺国に逃亡してたらささきっさがエラいことになりそうだけどな」


デパチャ「よーし、明日は待ちに待ったバレンタインだ!今日で仕上げるぞ!」

「「「よろしくお願いしま〜す!」」」

百「手作りチョコ講座も最終日ね」
イスト「お客さんもいっぱい来てくれてよかったね」
ボビス「ポプ国から取り寄せたカカオ、あんなにいっぱいあったのにすぐ無くなっちゃったよ」
タイピ「ウチで使う分が苦しいです……」

恋は臆病「これでよし!完成!」
デザロ「こっちも出来たわ!」

ウォール「続々と完成してるみたいだな、非常に美味そうだぜ」
蒼「心を込めて作ったチョコだもの、美味しいに決まってるよ」
落「っていうか基本的に溶かして固めただけなんだから失敗のしようがないとおmえろばっ!」
百「夢のない話をしない!それに侮れないわよ、ゆらは過去に砂糖と卵と薄力粉の組み合わせで致死毒物を調合したことがあったんだから」
ゆら「なっ!だ、だからこうしてお客さん達に混じって練習しているじゃありませんか!」
デパチャ「俺がちゃんと教えたから大丈夫だ、それに姉貴も料理は得意じゃないはずだったよな」
百「私はせいぜい鍋爆発させる程度だから大丈夫よ」
ボビス「それ大丈夫なんだ」


ストパー「はい!」
FtB「…?」
ストパー「?チョコだよ。あげるね」
FtB「はあ、サンキュ…」
ストパー「デッドマン君にも、はいどーぞ」
デッドマン「ありがとう。当たり前だろうけどこれは…」
ストパー「義理チョコでごめんね?」
カリスマ「まさか本命はブリーズかい?」
FtB「は?俺?何が?」
ストパー「ちがうよー。そうだ、みんなにも渡してくるね。っとその前に、はい、カリスマさん」
カリスマ「ん、ありがとう」
ストパー「じゃねー!」
FtB「な、なあデッドマン。このチョコって…」
レイニング「やっほー、みんな」
ネメシス「…ども」
レイニング「というワケでモテない君たちにあたしとネメシスからチョコの投下だ!ありがたく思いなさい!」
デッドマン「ずいぶん偉そうなんだね…」
ネメシス「…」
レイニング「(ほら、ネメシス!さっき教えた台詞を言うのよ!)」
ネメシス「…ん。…か、勘違いしないでよ!?これは義理チョコなんだからね!?」
FtB「…なんて安直な…」
カリスマ「そこは言ってやらないのが男の役目というものさ」
デッドマン「そ、それはそうと二人ともチョコありがとうね」
レイニング「なんのなんの!さて、次いくよネメシス!」
ネメシス「…おー」

FtB「で、だ。さっきの話の続きなんだが…」
デッドマン「さっきっていつさ…まあいいや、何?」
FtB「今日は何かチョコに関係する日なのか?姉貴からもさっきの三曲からもチョコ貰うし」
カリスマ「…は?」
FtB「しかもささきっさも何故か異様に混んでるし…一体今日は何の日なんだろうか…」
デッドマン「それはひょっとしてギャグで言ってるのかい?」


百秒「……はい、これ」
デイドリ「チョコレートか、ありがとう」
百秒「……もしかしたら、あなたにはちょっと甘すぎたかも」
デイドリ「構わん、普段からチョコよりも甘いものを味わっているからな」
百秒「……?」
デイドリ「……キス、するか?」
百秒「!!……う、うん……///」
デイドリ「…………」
百秒「…………」

チュッ

百秒「……はふぅ……デイドリ……」
デイドリ「うん?」
百秒「……今度は……もっと別の場所にもキスしt」
レボ「(∩゚□゚)ウォーウォーウォーウォーウォーウォーウォーウォーウォーウォーウォーウォーウォーウォーウォーウォーウォーウォーウォーウォーウォーウォーウォーウォー!!」
その他大勢「( ゚д゚ )彡( ゚д゚ )彡( ゚д゚ )彡( ゚д゚ )彡( ゚д゚ )彡( ゚д゚ )彡( ゚д゚ )彡( ゚д゚ )彡( ゚д゚ )彡( ゚д゚ )彡( ゚д゚ )彡( ゚д゚ )彡( ゚д゚ )彡( ゚д゚ )彡( ゚д゚ )彡( ゚д゚ )彡( ゚д゚ )彡( ゚д゚ )彡( ゚д゚ )彡」


戻る。