×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


まとめ・その64

まだまだバレンタイン。


―今から一週間前

Slang「もうすぐバレンタインだけど、おまえ、誰かにチョコあげる予定ないの?」
PRIME LIGHT「少なくともあんたみたいなチャラチャラした男に、あげる予定は無いわね」
Slang「へー。 そうなんだ」
PRIME「お金と時間のムダよ。それに…」
Slang「それに何だよ?」
PRIME「私があげても誰も心から喜ばないじゃない」
Slang「そうかな? 実はな、おまえからチョコをもらって、心から喜ぶ人がいるんだよ。その人はな…」

そして2人はひそひそと話だした…

PRIME「…そんなわけないじゃない。バカらしい。 ほら、早く護衛の仕事に戻るわよ」
Slang「へいへいw」

PRIME(そんな事、考えてもなかったなぁ…)


そして2月14日


PRIME「はぁ… Slang君はあんな事言って、
こうしてチョコも用意したけど、本当かなぁ…?」


Slang「その、おまえからチョコをもらって喜ぶ人ってのは…実はエルドラさんなんだよ」
PRIME「お兄ちゃんが!? あんた頭でも打ったの?」
Slang「オレは正気だ!!これはRingの兄貴から聞いた話なんだが…
おまえがアンコールとしてV4に現れたと聞いた時、エルドラさん、すごく喜んだらしいぞ」
Slang「当然、アンコール曲だったとかじゃなく、純粋に一人の妹の誕生に対してな」
PRIME「そうなんだ…」


Slang「だから、『男女間の愛』ではなく『兄妹間の愛』という形で、チョコをあげてもいいんじゃねーの?」
PRIME「そうね。でも『兄妹間の愛』ってどんなのかしら?」
Slang「それは自分で考えろよ…」


PRIME「お兄ちゃん、遅いなぁ…」

El Dorado「ただいまー」

PRIME「お帰り」
エルドラ「おう」

PRIME「あのね、お兄ちゃん。 今日はバレンタインでしょ。 これ…」
エルドラ「こ、このチョコを僕にくれるのか?」
PRIME(うなずく)

エルドラ「うおおおおお!!!!(泣)」
PRIME「お、お兄ちゃん? 何で泣いているのよ!?」

エルドラ「こういうものをもらうと、『僕にも妹が出来たんだ』ってのが、実感できてね。
それが本当に嬉しくて、思わず…」
PRIME「お兄ちゃんたら… いつも一緒じゃない」
エルドラ「そうだよな。 ありがとうな」

PRIME「それと…」
エルドラ「何だ?」

PRIME「ううん。 何でもない」
エルドラ「そっか、じゃあ着替えてくるわ。 それからメシにしような」


PRIME(これからもよろしくね… お兄ちゃん!!)

―fin


プレイヤーA -オートバス発動-
ステイジ…クリィア!!

鬼姫「くっ…おのれ…」

プレイヤーA -オートハイハット発動-
ステイジ…クリィア!!

DD4「くそっ……」

プレイヤーA -オートシンバル発動-
ステイジ…クリィア!!

デイドリ「ち、ちくしょうっ」

百秒「…厨には少し遅れたバレンタインのプレゼントあげる♪」

-DM赤 虹色の滝発動-

プレイヤーA「オートレインボーとかnパキャズギャボギョゲシャ」ピチュン

3曲「(゚Д゚)」
百秒「…な、何その羨望のまなざしは」


一網打尽「みんな偏りがあるからな…」
プライム「それを克服するためのアイテムを持ってきました♪」
DD8「何それ…?」
プライム「GFの方にあるS乱ですよ、取り敢えず使ってみますよ」
Slang「(大変なことになりそうな予感がする…;)」


戻る。