×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


まとめ・その78

ネメシスさん何やってんすかwwwww


ネメシス「……ふぁあ……いっ……ん……」

ネメシス「あふっ…………も、やぁ……あぅ……」

ネメシス「くふ……はぅ……んあぁ、いっ!」

ネメシス「ひぅ、きゃひっ、ひゃん!きゃっやあぁあ!あうううぅぅ!」

ネメシス「…………はぁ……はぁ……ほ、保守……」


ジグザグ「わっふるわっふる!」(*゚∀゚)o彡゚
ベロシティ「わっふるわっふる!」(*゚∀゚)o彡゚
スイミング「はいはい」
ドキドキ「ああっ!ついにスイミングちゃんまでこの空気に馴れてしまった!」


リービング「っつーかいつから保守要員になったんだ?」
ネメシス「……最近気に入った」
イモータル「このポジションがか?」
ネメシス「…………ん……」


閉じ込めスレの中で一番変なスレ乙www


ミラージュ「いやーそう褒められても何も出ないよww」
パプスト「多分あなたあたりが大きな要因だと思う」


アンコン「バカボン……」
タイピ「キツかったです……」
FT2M「あんな体験初めてだよ……」
DD4「私なんか二機種両方に選ばれて……」
百秒「とにかく疲れたわ……」

デパチャ「……すげー重い空気…………」
アルケー「さ、差入れでも作ってあげましょうか……」

デイドリ「orz」←トプラン決定戦で唯一の禁止曲


ある日あさきっさに>>334の足ツボマッサージ機が送られてきた…

鬼姫「何じゃこれは?」
極東「こ、これはもしや今大流行の足ツボマッサージ機じゃない?」
この子「どう鬼姫、使ってみる?」
鬼姫「妾は機械は苦手なのじゃが…」
アニュス「じゃあ僕が試しに使ってみるね。 最近指名が多くて疲れ気味だし。
それじゃあスイッチオン!!」
アニュス「ぎぃやああああ!!!! 何だよこれ、メチャクチャ痛いじゃないか!!!!」
ツミナガラ「説明書にはこう書いてあるわね…」

DM譜面にバスが多い方は使用しないで下さい。

マイクロ「何てこった…」
デッドマン「我が家は誰も使えないじゃないか…」
赤い鈴「君達が言っても説得力ないけどね」
月光蝶「でもこの使えないマッサージ機をここに送るって事は…」
蛍「テロ行為よ!! 我が家に対するテロ行為よ!!!」
ミラージュ「エロ行為と聞いて飛んできました!!!!」
アニュス「弐寺国で解禁されたばかりで悪いけど、実家か弐寺国に帰ってくれ…」

鬼姫(正直、使わなくてよかった…)


ネメシス「……次回作からドラムLv80部屋に入れるようになった」
リービング「マジ?昇格か」
イモータル「やったじゃないか、おめでとう」
ネメシス「……嘘」
二曲「…………」
ネメシス「……エイプリルフール……ぶい」
イモータル「……あのさ、ネメシス」
リービング「エイプリルフールネタなら、もう少し大袈裟な嘘吐いても良いんだぜ……?」
ネメシス「?」


赤い鈴「今日はエイプリルフール…ダメ…絶対…」
蛍「す、鈴お姉ちゃん…イライラするのは譜面に良くないよ?…」
鈴「わかってるわよ!」
蛍「ひっ!(;Д;)」
鈴「ご、ごめんね蛍…」
蛍「ねぇ鈴お姉ちゃん、いちいち嘘吐きの舌をチョン切ろうとして疲れない?」
鈴「だって…嘘は他人を傷つけるから…私はそれが許せないだけで…」
蛍「でもさ、世の中にはこう…人を安心させるために吐く嘘とかも…」
鈴「それでも!…私は…嘘吐きは絶対許せない…」
蛍「・・・鈴お姉ちゃん」
鈴「ん?」
蛍「鈴お姉ちゃんなんて大嫌い」
鈴「え…」
蛍「なんちゃって。嘘に決まってるじゃない」
鈴「・・・全く…う、嘘をつくアンタの舌なんてこうしてやるんだから!///」
蛍「んむっ!?ん…」

コクピ「っていうのはどうだアニュス?」
アニュス「とりあえず人の弟と妹で妄想するの止めてくれないか」


戻る。