×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


デパチャとマスカレ


デパチャ「ふんふふーん♪」
タイピ「随分ご機嫌ですね、どうしたですか?」
デパチャ「ああ、なんかよく分かんないんだが、最近前より少しプレイヤーに選ばれる気がするんだ。
前は出番が少なかったからうれしい」
タイピ「うーん…どうしてですかね?」
デパチャ「さあ?でもま、いいことに間違いはないから理由はなんでもいいけどな。
あ、ちょっと出掛けてくる」
タイピ「いってらっしゃいです」

デパチャ「よし、チョコフィロの材料も揃えたし帰るかな…ん?」
????「…………」
デパチャ(なんだろ…あのいかにも怪しげな色っぽいお姉さんは…。あれ、こっちに来た)
????「…あなたは…DEPARTUREさん?」
デパチャ「そうだけど…俺になんか用か?」
????「…少し、付き合ってもらえないかな…?」
デパチャ「え…?」

デパチャ「あんた…名前はなんて言うんだ?」
????「…MASCARADA」
デパチャ「!あんたが、あのロング最強曲って名高い…!?」
マスカラ「…それは、少し前までの話…ね…」
デパチャ「え…?」
マスカラ「…私は…今回のレベル変更で大幅にレベルを下げられた…今では、あなたよりもレベルが下…」
デパチャ(…そうか、だからクライズさんとバランスさんに次ぐレベルの俺がプレイヤーの理論値対象になって、最近選ばれやすくなったんだ)
マスカラ「…代わりに3強に入ったあなたが、どんな人なのか…見てみたかった…」
デパチャ「(同じこと考えてたのか)…俺に、文句を言いに来たのか?」
マスカラ「…いいえ…」
デパチャ「……」
マスカラ「…ロング曲として、最強だった頃の私は…自分のレベルに自惚れていた…
だから、今あなたを見て納得した…『ああ、これではレベルを下げられても仕方ない』、と…。
…本当は、あなたの言う通り、文句を言いに来た…
でも、直接あなたを見て気が変わった…私の代わりに、頑張って…それだけ…」
デパチャ「……」
マスカラ「…私は、今のレベルでは選んでくれる人が少なくなると思う…だから、代わりに頑張って欲しい…」

デパチャ「…そんなこと言うなよ」

マスカラ「…?」
デパチャ「頼むから、あんたがそんなこと言わないでくれよ!
勝手かもしれないけどな、俺はあんたに憧れてたんだ!
クライズさんをあのサンバの力で上回って、新曲ながらロング最強の座に付いて、
後輩ながらかっこいいと思ってたんだ!
なのに、そのあんたが失望させるようなことを言うなよ!」
マスカラ「…DEPARTURE…」
デパチャ「例えレベルが下がっても曲や譜面が変わる訳じゃない…あのサンバは残ってるだろ?
だから、あんたを目標にしてる奴ら…いやそれだけじゃない、
あんたをホントに好きなプレイヤーの為にも、レベルが下がった程度で自虐的になったりしないでくれよ」
マスカラ「……」
デパチャ「…そろそろ俺は帰るけど…俺は、応援してるからな」
マスカラ「…あ、あの…」

ギュッ

デパチャ「…な、何だよ?」
マスカラ「…また…会ってくれますか…?」
デパチャ「え…?あ、ああいいよ、いつでも会ってやる。
なんならささきっさに来てくれても構わない。特製のチョコフィロ出してやるよ」
マスカラ「…ありがとう…(ニコッ」
デパチャ「お、おう(こいつ、笑うと可愛い…いや、雰囲気暗かったから分からなかったけどかなり美人なんじゃ?)」


アルケー「デ パ チ ャ さ ん?こーんな所でこんな美人さんと何をしてるんですかぁ?」


デパチャ「げっ、アルケー…いや、違うんだ、これは成り行き上…」
マスカラ「…成り行き上…なんですか…?(消え入りそうなくらいの悲しい顔)」
デパチャ「い、いやそうじゃなくて…」

100秒「好きだけーで楽ーしかーった…♪ふふふ…」
イスト・ボビス「デパチャめ…('A`#)」



マスカラ→内気で喋るの苦手な色っぽいお姉さんのイメージ。
レベルが下がってもマスカラはスキル対象に入れ続けたいと思ってる俺。


ミラージュ「アルケーとマスカラか…」
FT2「これはちょっと…」
FT2M「アルケーちゃん絶望的かもしれないわね…」
アルケー「ひっ酷いですよ!私のどこが駄目なんですか?」
V3EX一同「「「胸」」」
アルケー「…ワルツの力をなめるなよ貴様ら!!!」
ワーワーギャーガタガタガシャン

差無来「つーか、『こんな美人さんと』とか言ってるけどなんでアルケーはマスカラのこと知らなかったんだ?」
コクピ「一応俺らと同じ92部屋にいたのにな」
たまゆら「あ…そう言えば差無来さん、昇格おめでとうございます。これからは同じ部屋でよろしくお願いします」
差無来「おう(誰にも気付いて貰えなくて正直今さらだけどな…)」


戻る。