×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


遠く離れても


ギュイーン!

プレイヤーA「…あれ、読み込み遅いなあ、どうしたんだろう」

恋「…え、呼ばれてるのって私!?た、大変、早く行かなきゃ」
A「お、来た。待ってたよ」
恋「びっくりした…あなたぐらいのスキルの人が、未だに4-3設定のこの筐体で私なんか呼ぶわけがない、って思ってたから」
A「そうだね…君を演奏するのは随分久しぶりかもしれない。
──でも覚えてる?僕が初めてセッションした曲は君だったんだよ?」
恋「覚えてる…選曲してくれる人が少なかったから。
確か、彼女さんと一緒にやってくれたんだよね」
A「……うん」

──あなたの全ての言葉で、心揺れる──

A「これも覚えてるかな、確かそれがV4始まったばっかりぐらいでさ、彼女にわざわざギターやってもらったのに僕がCとか出しちゃってww」
恋「うん、覚えてるw」
A「笑われてさ…それが悔しくて、必死で頑張ったんだよな…」
恋「それが今じゃ赤ネームだもんね…」

──他に欲しいものなんてない、媚びる理由なんてない、
あなたの全てで包んで欲しいだけ──

A「──彼女がさ、遠くに引っ越しちゃったんだ」
恋「──え?」
A「寂しくなって、それでたった今君の事を思い出して、やってみたくなったんだ」
恋「…………」



A「…あ」
恋「あ、スゴイ!繋がれちゃったね」
A「…うん。これ、彼女に見せたかったな…」
恋「…………」

恋「……!
ねえ、今すぐにバトルに入ってみてくれない!?」
A「え…?」



バァートゥル!
セレクトミュージッ!
ニューチヤレンジャーファウン!



A「……!!
ねぇ、このネームって!!」
恋「うん、そうだよ間違いない!」
A「…向こうは気が付いてるかな?じゃあ…頼む、デザレ!」
デザレ「あ、俺か?久しぶりだな、でも俺の事苦手だっつってなかったか?」
A「君を選べば、こっちは気がついてるのが分かるはずなんだ…」
デザレ「…そういや、あの娘俺の曲が好きだったっけな」
A「…僕もね」



プレイヤーA
Desert Rain EXTREME 72

プレイヤーB
Desert Rain EXTREME 72



A「──!!」



恋「…あーあ、勿体ない。お互いに何でもないところで切ってる…画面が滲んで見えないんだろうなあ…でも、二人ともやっぱり凄く上手くなってる」

A「…負けちゃったか」
デザレ「惜しかったんだがな…残念だったな」
A「…僕さ、ホントはV4終わったらもうやめようと思ってたんだ。彼女と一緒にやるのが楽しかったからさ…いなくなって、一人でやってたらつまんなくて」
恋「…………」
A「──でもさ、彼女はまだ続けてるんだよね」
デザレ「まあきっとやってるんだろうな。やらずにあれだけできるとは思えねーし」
A「──じゃあやっぱり、まだ続けることにするよ。負けっぱなしじゃ悔しいしさ」
恋「──ありがとう、明日からV5が始まるけど、新曲たちにもよろしくね」
デザレ「もし俺の兄弟とかが来たりしたら、遊んでやってくれよ」
A「うん、約束する。じゃあ、また明日──」



デザレ「──まさに、『パズルのピースを合わせるように』お似合いなカップルだな」
恋「『二人行く道に、どうか光が照らしています様に』──かしら?」
デザレ「俺の台詞を取るなよ…じゃあ、また明日、楽しみに待つとするか」


Thank you for Playing!!!


戻る。