×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


銀河天使コズミックカウガール・その2


第4話「ライバル登場!? デジタル魔法少女Pretty G」


パッション「きゃぁぁーっ! ってまた私ーっ!?」
アネモネ「おーほほほ! あたくしの指テクをとくと味わいなさぁい!」
カウ「こらー! やめなさーい!」
アネ「あーら待っていたわよカウガールちゃん」
カウ「!? なんでわたしの名前を?」
アネ「あたくしは唯一神Jimmyにより生み出されたエロ一族の一人、Sea Anemones!
   この全宇宙をエロで染めつくすのがあたくしたちの使命なのよぉ!」
カウ「そんな……許せない! この私が倒して……」

??「ちょーっと待ったぁ!」

カウ「!?」
アネ「な、何者!?」

☆CM
君とな「やる気がなくて食欲出なくて悩み事がちっとも片付かないそこのキミ!
    一日たった6分で理想のボディを手に入れろ!
    ハンサムジェット教授監修・体を鍛える男の脳味噌筋肉トレーニング!
    好評発売中だ!」

??「ちょーっと待ったぁ!」

カウ「!?」
アネ「な、何者!?」
プリ「醜き者はこのあたしが浄化してあげるわ! デジタル魔法少女Pretty G! 華麗に参上ーっ!」
カウ「……誰だっけ?」
アネ「あたくしも知らないわ」
プリ「くっ……削除曲だからってみんな忘れてるなんて……くやしいっ……!」
アネ「小娘が二人に増えたところで変わりはないわ! まとめてイカせてあげる」
プリ「ふん! デジタリアンお兄様からもらったこのギター型マジカルステッキの威力、思い知ることね!」
カウ「わー、すごーい! どんな魔法が出るのかな?」
プリ「とりゃー!」
 ばきっ!
カウ「えーっ!? 直接殴るの!? 鈍器のようなもの!?」
プリ「あれ? ギターって叩き壊して遊ぶものじゃないの?」
アネ「よ、よくもこのあたくしの美貌に傷をつけてくれたわね……。
  初めてですよ……ここまでコケにしたおバカさんたちは……。
  いいでしょう。あたくしの真の姿を見せてあげる!」
カウ「きゃーっ! 巨大イソギンチャクに変身しちゃったよ!」
プリ「いやっ! キモイ! 死ね!」
アネ「絶対にゆるさんぞ虫ケラども!!!! じわじわとエロ漬けにしてくれる!!!!」 


真の姿を現したアネモネ! さぁどうする、カウガールたん&プリGたん!
次回、銀河天使コズミックカウガール第5話、「フルコン楽勝! ウネウネ触手運指プレイ」!

カウ「メロメロビームで、来週もクギヅケねっ☆」


第5話「フルコン楽勝! ウネウネ触手運指プレイ」


アネ「絶対にゆるさんぞ虫ケラども!!!! じわじわとエロ漬けにしてくれる!!!!」
カウ「えーっ!? どうしようプリちゃん?」
プリ「あ、あんたが戦いなさいよ!」
カウ「そんな〜! 気持ち悪いよ〜!」
アネ「まずはあたくしに傷をつけてくれたアンタからよおーほほほほ!」
カウ「わー! 触手が伸びてきたよ!?」
プリ「きゃーっ! キモイ! 離せヘーンーターイー!」
アネ「捕まえたわよおーほほほほ!」
プリ「いやっ! ピザが脂ぎった手でプレイした後のギタコン並にキモイ! やめてよーっ!」
アネ「あーら心配いらないわよ。このコンチェ赤Oすらフルコンするあたくしの指テクで、すぐにANOTHER WORLDへGETAWAYさせてあげるからおーほほほ!」
プリ「あーんだから魔法少女なんて嫌だったのよーっ! お兄様のばかーっ!
   っていうかカウガール! あんた助けなさいよ!」
カウ「で、でもっ……」
プリ「あぁっ……こんなところで傷モノにされてしまうなんて……あたし一生復活できないわ……」
カウ「ど、どうしたら……」
??「……これを、彼女に」
カウ「? あ、あなたは?」
??「僕のことはいい。すぐにこれを彼女に渡してくれ」
カウ「これは……CSギタドラV購入特典のピック型キーホルダー!」
??「そして君にはこれを」
カウ「あーっ! ギタドラMPSの特製ドラムスティック! まだ発売してないのに! やったぁ!」
??「この武器があればアイツに勝てるはずだ」
カウ「ありがとう! でも、あなたは一体……?」
??「わがままな妹だが、仲良くしてやってくれ」
 ピチュン
カウ「あ……行っちゃった。もしかして……。
   ううん、今はそんな場合じゃなかった! プリちゃん! これを受け取ってー!」
プリ「……! ピック型キーホルダー! これがあればギター型マジカルステッキをパワーアップできるわ!」
アネ「な、何!?」
プリ「マジカル爆音ディストーション!」
 ギュイーーーーーーーン!!
アネ「ぎゃぁぁぁーっ!!」
カウ「やったぁ! 触手を吹き飛ばしたわ!」
プリ「カウガール! 行くよ!」
カウ「おっけぃ!」
二人「セッションパワー、MAX!」
アネ「お、おのれぇぇぇ……!!」
二人「ヘビーメタルフラーッシュ!」
アネ「ちくしょぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!」
 ステージクリアー!
プリ「た、倒したぁ……」
カウ「友情パワーだね!」
プリ「ふ、ふん! 勘違いしないでよね! 仕方なく協力してあげただけなんだから!」


見事アネモネを撃破した二人。友情パワーの前には敵なしだ!
次回、銀河天使コズミックカウガール第6話、「危ない関係!? WAZA&ケンタ兄弟」!

カウ「メロメロビームで、来週もクギヅケねっ☆」


オトバ連コ回し厨のプレイ延長のため、放送時間を30分繰り下げてお送りしております。


第6話「危ない関係!? WAZA&ケンタ兄弟」


へリング「アネモネもやられたのか……」
ミミズ「申し訳ないでヤンス、おやびん」
へリング「小娘ながらなかなか侮れないようだな。よし、あの二人を呼べ!」


カウ「!! またしても悪のエロパワーを感じるわ! あっちね!」

ケンタ「兄者……やらないか」
WAZA「弟者……ウホッ」
カウ「やめなさーいっ! ……って、お、男どうしーっ?」
ケンタ「な、なんだお前は!」
WAZA「俺たちの邪魔をするな」
カウ「し、失礼しましたー……どうぞごゆっくり……」
WAZA「待て。確か貴様……カウガールだな?」
カウ「な、なんでわたしを? まさかあなたたちもエロ一族!?」
ケンタ「ふふふ……その通りだ!」
WAZA「残念だが貴様を生かしておくわけにはいかん」
カウ「戦うしかないようね……よーし、前回もらったこのMPS特製スティックで!」
 パキーン!
カウ「きゃぁっ! ジェットスティックしちゃったぁ!」
WAZA「スティックさばきで俺たち兄弟にかなうものなど存在しない」
ケンタ「もちろん下のスティックもな!」
カウ「どどど、どーしよう……」
WAZA「ベロシティとアネモネがやられたと聞いていたが……とんだ雑魚じゃないか」
カウ「ドラム多人数プレイなんてずるいわ! 反則よ!」
ケンタ「アネモネのときもあんたら二人じゃなかったか?」
カウ「あれはセッションだもん!」
WAZA「セッション? 俺たち兄弟には関係のない言葉だな」
カウ「そ、そんな〜」
ケンタ「さーて兄者、こいつどうするよ?」
WAZA「ただ始末してしまうのはもったいないか」
カウ「や、やめてよぉ〜」
WAZA「そうだな……とりあえず俺たちの自慢のサックスを吹いてもらおうか」
カウ(プリちゃん……助けて!)


カウガールたん、またしてもピンチ! 願いはプリGたんに届くのか!?
次回、銀河天使コズミックカウガール第6話、「愛と友情のツインギター」!

カウガール「メロメロビームで、来週もクギヅケねっ☆」


NEXT
BACK
長編まとめに戻る