×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


door(2)







ここは何処?
僕は誰?

<<目を覚ませ…>>

僕を呼ぶあなたは、誰?


独りだった。
赤い壁の部屋に、独りぼっち。
扉には鍵がかけられ、自力で開けるなど到底無理だった。

誰か!誰かここから出して!

扉を叩いても、泣いても叫んでも、その「誰か」が来ることはなくて。

「お前には、そこにいてもらわないと困る」
「ごめんなさい。本当はこんなことしたくないのだけれど…」
「いずれ出られる。だから少しだけ待って頂戴」
扉の向こうに三人の女。僕の護衛だと彼女たちは言った。

護衛たちは強く、僕は滅多に外には出られなかった。
しかし神にも失敗があるらしい。部屋の隅に抜け穴があることがわかった。
それからはたまに護衛の目を盗んで、外に出て人間と遊んでいた。

人間と遊ぶのはとても楽しかった。
僕に勝ったときはもちろん、僕に負けても人間は笑っていた。

「今度は負けないからな」
「いずれ、また会おう」

しかしそんな自由もそれほど長くは続かなかった。
神が抜け穴に気付いた。
僕も護衛もきつく叱られ、抜け穴は塞がれた。


また、独りになってしまった。

寂しい、寂しい、寂しい…。

誰か、来て…。

………。





「ゼアさんはすごく強いんですよ」
そう言った少年の声は、青年に対する憧れと尊敬に満ちていた。
「少し前まで、ある部屋に閉じ込められていたって言ってました。『特別な曲』と呼ばれて…今のあなたと同じですね」
「私と同じ…」

一息おいて、少年は語り出す。


僕たちの仕事は、部屋に閉じ込められたあなたを守ること。
この国の伝統なんだそうです。
あなたは『特別な曲』。
そして僕たちは、あなたに会わせる人間を見極める『護衛』として、『神』から選ばれました。
人間の中には力の足りない者や無粋な輩もいます。
誰彼構わず会わせるわけにはいきませんから。
だから、僕たちがしっかりしないとダメなんです。


私はただ黙って少年の話を聞いていた。
『特別な曲』と『護衛』のあるべき姿。
それをこの少年は、心に確かととどめている。

ふぅ…と少年は息を吐き
「僕、ゼアさんみたいに強くなりたい」
ぽつりと呟く。
その声はまだ幼い。
しかしその落ち着いた口調には、推し量ることの出来ない、まっすぐな何かがあった。



遠くから足音が聞こえる。
青年が戻って来たようだった。
「ゼアさんお帰りなさい。どうでしたか?」
「楽勝だったよ」
青年の声は戦いの疲れを微塵も感じさせない。
「相手の力が足りなさすぎる。そもそもスキル700ちょっとで僕のEXTに挑もうというのが無茶な考えなんだ」
一応手加減はしたんだよ、と苦笑しながら青年が言う。
「もう少し楽しませてくれると思ったんだけどね」
青年はやや物足りなさそうだった。
「ゼアさんはプレイヤーすべての憧れですから」
少年はこの青年をとても慕っているようだ。

青年の纏うオーラは、扉一枚挟んでも刺さるくらいに強く感じる。
他の者を圧倒する存在感。
人間を見極める確かな実力。
流石は『神』から選ばれた曲、と言ったところだろうか。
青年の強さに何一つ不足はなかった。

<<EXTRA STAGE…Micro fin、配置ニ着ケ。レベルEXTREME…>>

再び、ブザーと機械的な誰かの声。
「ほら、フィン。お前の出番だ」
「はい。…では、行ってきます」
軽い足音を立てて、少年は何処かへ駆けて行った。

「護衛って忙しいんですね」
私は扉の向こうにいる青年に話しかけた。
「人間たちは君に会いたがってるからね」
「あなたのときも、そうだったんですか?」
「………」
青年は黙り込んでしまった。
何か悪いことでも聞いてしまったのだろうか。
「…ゼアさん?」
「パースト」
青年が私の名を呼ぶ。棘のある声。
「はい…」
「部屋の居心地はどうだい」
まったく唐突な話題だった。
「えぇ、まぁ…悪くはないですよ」
「…そうか」

それから青年は一言も口を利かなかった。

私はこの青年が機嫌を損ねた理由を知らない。
何故だろう。
何故この青年は…。


BACK NEXT

長編まとめに戻る。